ある日・突然
霊感占い

ある日、突然、
全国的霊感占い師に
なった男

プロローグ

2001年のある日、僕の経営する会社の電話が鳴り響いた。
「伊島先生に鑑定してもらいたいのですが・・・」
えーっ、僕は確かに昔から霊感があり、仕事柄、タレントさんやスポーツ選手、周りのスタッフや近所の方などを頼まれては霊視してきた。
でも、看板も出していなく宣伝もしていない。
知る人ぞ知るで良かったのだ。
きっかけは誰かがネットの掲示板に僕の霊感の事を書き込んだらしく、それから毎日数十人の全国の人々から電話がある。
テレビ局やマスコミからも・・・。それに、僕に関して事実無根の勝手な妄想書き込みもあるという。
それなら、逆に、ルールを決めて公開しようとHPの制作にとりかかったのだ。

次へ

戻る

亮メール